9月(長月)の表紙

稲月の馬瀬川火ぶり漁

 夜がようやく長くなる長月。

稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月と呼ばれるぐらい

稲月でもある。

稲月に行われる馬瀬川火ぶり漁は淡く幻想的だ。

小潮上弦の月近い9月11日、夜の7時半

馬瀬西村の馬瀬川の両岸に置かれたかがり火が一斉に炎を燃やす。

清流馬瀬川鮎とり隊の川漁師10人が川に入り、

竹竿に吊るしたかがり火を水面近くで左右に大きく振り、

水面を竿で叩いていく。

鮎は炎と音で錯乱し、川底に張られたテイナ網に追い込まれる。

テイナが吊るし竿に掛けられ

掛ったばかりの馬瀬鮎を観光客が外す。

ヌルッとする感触に笑顔がこぼれ、鼻を近づけ香りも確かめる。

親子三代の鮎とり隊がいる、

馬瀬伝統漁法を後世に伝えるその心意気は清い。

 

法被姿で説明する鮎とり隊

法被姿で説明する鮎とり隊

鮎とり隊

清流馬瀬川鮎とり隊

未来を担う子ども鮎とり隊

未来を担う子ども鮎とり隊

火ぶり漁で捕れた馬瀬鮎、アマゴ

火ぶり漁で捕れた馬瀬鮎、アマゴ

火ぶり漁で捕れた馬瀬鮎、アマゴ

火ぶり漁で捕れた馬瀬鮎、アマゴ

火

川面を照らすかがり火

 

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930