水明館 鮎の塩焼き

鮎、まっ盛り。

8月9日(火)、水明館の日本間の会食において

波打ち模様の皿に一匹鮎で塩焼きが出された。

竹原川の鮎とのことだ。

頭からそっと頂いたが甘くて味わい深い。

料理として鮎の塩焼き完成度の高さを感じる。

さすがだ。

<一期一会の気持ちをこめて飛騨の季節をおとどけします>

笹鮎画も気持ちよい。

鮎(竹原川)の塩焼き

鮎(竹原川)の塩焼き

笹鮎画

笹鮎画

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年3月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031