天川セブンの里 登路瀬学校

「天川(てんせん)セブンの里 登路瀬学校」とは
飛騨金山の登路瀬は7軒で集落が形成され、学校教育の登路瀬分校が昭和34年まで存在しました。現在は牛の畜産農家が一軒営まれている他は古民家が廃屋として残っていますが、太陽の光を浴びた土地と谷水が輝きを放ち、人間の生活感が漂うまろやかな里地里山を醸し出しています。

登路瀬分校跡地と河尻義隆さんの古民家・池・庭を拠点に、天・地・水の恵みに感謝をしながら、里地里山を体感・体験できるプログラムなどを提供する一方、参加メンバーが得意なことを持ち寄り、先生になってスクールを開きます。

池にはアブラメが泳いでいます。

広い庭には登路瀬茶が生えています。ピザ釜もあります。

飛騨金山登路瀬学校の追求理念
「里山の新たな魅力創出」

「生きる力を育む学びの場の創出」

「現金収入の創出」

登路瀬集落の観音様を参る

登路瀬集落の観音様を参る

登路瀬集落の古民家

登路瀬集落の古民家

登路瀬集落の山の神

登路瀬集落の山の神

登路瀬集落の観音様

登路瀬集落の観音様

登路瀬集落の古民家

登路瀬集落の古民家

登路瀬学校

登路瀬学校

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031