エサを食べる1月のアジメドジョウ

1月20日の大雪で、飛騨や奥美濃のスキー場も
やっと本格的に営業できるようになった。
馬瀬も雪のある村になり、21日の「水辺の館」一帯は20㎝程の積雪。

サクサクと踏み歩く雪の重みが気持ちいい。

雪の馬瀬川の流れが清らかだ。

管理人で釣り師、猟師である尾里あつむさんが雪かき作業を終えた後、

二人で今年の川談義をする。

「ちょっと不思議な現象を見せたいと」

あつむさんがアブラメとタカハヤ、アジメドジョウがいる水槽に

エサをこぼし入れた。

アブラメ、タカハヤ、金魚が食べに集まるのはわかるが、

何とアジメドジョウがそのエサを口に入れ食べるのだ。

2匹、3匹で奪い転がすように遊びながら食べてもいるようだ。

アジメドジョウがエサを食べる光景に驚いた!

1月の馬瀬「水辺の館」

1月の馬瀬「水辺の館」

1月の雪の馬瀬川

1月の雪の馬瀬川

雪かきをする尾里あつむさん

雪かきをする尾里あつむさん

 

エサを食べるアジメドジョウ

エサを食べる1月のアジメドジョウ

エサを食べるアジメドジョウ

エサを食べる1月のアジメドジョウ

元気にエサを食べるアブラメ、ヤカハヤ

元気にエサを食べる1月のアブラメ、タカハヤ

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031