1月(睦月)の表紙

睦月(むつき)は親族が集い
にぎわう睦び月(むつびつき)の意があるようだ。
元旦の夜明けから雪が降り続く。
菅田小学校のグラウンドは一面、銀世界。
ジッーと眺めていると
宮沢賢治の<雪渡り>を読みたくなった。

雪渡り
宮沢賢治
発表:1921年(大正10)12月、1922年(大正11年)1月

その一 子狐の紺三郎<抜粋>
雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、
空も冷たい滑らかな青い石の板で出来ているらしいのです。
「堅雪かんこ、しみ雪しんこ。」
お日様がまっ白に燃えて百合の匂を撒きちらし又雪をぎらぎら照らしました。
木なんかみんなザラメを掛けたように霜でぴかぴかしています。
「堅雪かんこ、凍み雪しんこ。」
四郎とかん子とは小さな雪沓をはいてキックキックキック、野原に出ました。
こんな面白い日が、またとあるでしょうか。いつもは歩けない黍の畑の中でも、すすきで一杯だった野原の上でも、すきな方へどこ迄でも行けるのです。
平らなことはまるで一枚の板です。
そしてそれが沢山の小さな小さな鏡のようにキラキラキラキラ光るのです。
「堅雪かんこ、凍み雪しんこ。」

南天門松

南天門松

南天門松

南天門松

元旦の菅田小学校グラウンド

元旦の菅田小学校グラウンド

元旦の菅田小学校グラウンド

元旦の菅田小学校グラウンド

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年6月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930