かれん朴葉すし物語フェア

6月30日(日)、道の温泉駅「かれん」において

<かれん 朴葉すし物語フェア>として~温泉と朴葉すしセットを味わう~が開催され、

地元金山町をはじめ下呂焼石、関市、犬山市から計11人が集まった。

森のなりわい研究所からは伊藤栄一さん、玉置さんが参加し、自然界での朴の木と葉の世界を語った。

そして私は<森のなりわい研究所 長尾伴文>でデビューした。

かれんの朴葉すしセットはまろやかな味であり、料理長自らがその味わいを説明した。

かれんの桂川社長も登場され宿泊機能を備えた道の温泉駅「かれん」と魅力を紹介した。

朴葉茶も飲んだ。

私は朴の木で作ったハガキを披露したが、参加者した郵便局長から「おもろいが割れる可能性が高い」と指摘された。

森のなりわい研究所 伊藤栄一さんが語る

森のなりわい研究所 伊藤栄一さんが語る

かれん料理長が説明

かれん社長があいさつ

朴葉すしセットを味わう

かれんの朴葉すしセット

かれんの朴葉すしセット

朴葉茶

森のなりわい研究所 玉置さん

朴の木のハガキ

朴の木のハガキ

zp8497586rq

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年3月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031