湯の街ギャラリー・銀鱗の魚暮らし展

銀鱗の魚暮らし展

~魚皮拓(ぎょひたく)と下呂の漁具(ぎょぐ)

世界で唯一の魚保存技法「魚皮拓」一挙22点公開

下呂の川で使われた幻の漁具 初公開

伝説の釣り師 山下福太郎を解説

漫画作品「釣キチ三平」と飛騨金山の関係再現

川と水の民話朗読

岐阜は山と川の国、川魚(かわうお)の国です。

川の瀬や淵、池、沼、田んぼへの用水路を舞台に、魚との知恵比べを展開しながら様々な漁法や漁具が生み出されて来ました。

川漁(かわりょう)を生業(なりわい)とする時代も存在しました。

今回の<銀鱗の魚暮らし展>では魚皮拓と昭和10~30年代に下呂の河川で使われた漁具を披露しながら、時代の魚暮らしを楽しく探ります。

 

魚皮拓(ぎょひたく)

魚皮拓とは、生の魚の皮を剥ぎ、魚の形状と色をそのままに保持するためミイラ状態になるまで乾燥したもの。

飛騨金山の故高木宜雄氏が考案開発した世界で唯一の魚保存技法。

 

<企画出展者>

岐阜の川人文化研究会 代表 長尾伴文

〒509-1623 岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

携帯090-8736-7318 nagao@maiyama.com

<協力者>

馬瀬川上流漁業協同組合、馬瀬川下流漁業協同組合、益田川漁業協同組合、

若竹屋(萩原町)、竹田屋(焼石)、二村釣具店(下呂町)、あまの(萩原町)、馬瀬川プロデュース(馬瀬)、

水辺の館(馬瀬)、森のなりわい研究所(萩原町)、丸田屋(萩原町)、ホテル美輝(馬瀬)、

民宿金山荘(金山町)、浅井彰子(岐阜市)、ぎふ魚食文化サロン(岐阜市)

 

<展示期間>

平成25年月6日(水)~4 月1日(月)

<開催場所>

湯の街ギャラリーさんぽ道

(下呂市湯之島908番地)

0576-25-6611

開館時間:10:00~18:00 火曜日定休

入場無料

<お問合せ>

下呂市観光商工部観光課

0576-24-2222(代)

銀鱗の魚暮らし展

魚皮拓(川ムツ)

魚皮拓(カジカ)

魚皮拓(鮎)

魚皮拓(ウグイ)

シカ角タモ

竹筒のエサ箱

昭和初期のイワナびく(左)・アマゴびく(央)、ウナギびく(右)

ウグイ用巨大ウエ

アジメ筌(ウエ)

アジメびく

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年7月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031