第9回ぎふ魚食文化サロン

第9回 ぎふ魚食文化サロン

美味!板取川の アジメドジョウと、つるむらさきうどん

2012年10月8日(月・祝・体育の日)

<第一部> アジメドジョウ漁場見学会 14:00~16:00

会費/参加費無料(どなたでも自由に見学できます)

会場/関市役所洞戸事務所の下の川原

アジメドジョウを捕える「筌(ウエ)」と「登り落」の見学。

アジメドジョウのウエ漁と登り落漁は川漁の中でも1級クラスの伝統漁法です。

地元洞戸の川漁師さんと松田文男さんによる実演と解説で行います。

 

<第二部> 交流会    (アジメドジョウと、つるむらさき料理を味わいながら)

受付開始17:00 開会17:30  会費/4500円

会場/郷土料理「つるや」(関市武芸川町谷口1223)℡0575-46-1391

<講話コーナー>

○板取川のアジメドジョウ漁(関市の川漁師松田文男さん・洞戸の川漁師さん)

○板取川の伝統漁法(岐阜の川人文化研究会 長尾伴文)

○つるや女将、杉山ミサ子さんのつるむらさきの話し

○浅井彰子さん民話ライブ

 

「つるむらさき」をご存知ですか?葉は少し分厚く、独特の粘りがある東南アジア原産の野菜です。

「つるや」では武芸川で無農薬栽培されたつるむらさきを使用した郷土料理を提供しており、<つるむらさきうどん>

<飛騨・美濃自慢の原石>に認定されています。今回、つるむらさき料理にアジメドジョウを加えた味わい深い秋の美味を演出します。

 

<板取川>旧武儀郡板取村の左門岳付近が水源。洞戸通元寺で柿野川、美濃市片知で片知川を合流し、美濃市安毛で長良川と合流する。延長53㎞、流域面積313k㎡。

 

<申込み方法>

参加者全員の「姓名」と「連絡先メールアドレス又は電話番号」を 下記まで送って下さい。

申込みの方には、食事を準備してお待ちしています。

キャンセルは10月5日までにお願いします。それ以降はキャンセル料がかかります。

先着順で受付しますので、満席の場合はご了承願います。

お申込み先 / ぎふ魚食文化サロン事務局  (株)酒井設計事務所 酒井稔 〒500-8361 岐阜市本荘西3-180

iPhone 090-2681-9844 FAX 058-253-4473

アジメドジョウ用筌:飛騨萩原山之口の黒木令二作(国内最高傑作のアジメ筌との評・長尾伴文所有)

 

Download
第9回 ぎふ魚食文化サロン チラシ
魚食12:10:8jpg.jpg
JPEG イメージ [181.0 KB]
ダウンロード

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年8月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031