小瀬鵜飼特別展<鵜匠家に伝わる鵜飼用具>

8月25日(土)、関市のわかくさ・プラザで開催されている

小瀬鵜飼の漁具を紹介する特別展<鵜匠家に伝わる鵜飼用具>を見た。

特別展では小瀬鵜飼の鵜匠、岩佐昌秋氏足立陽一郎氏の家に伝わる鵜飼用具約20点が初公開されている。

餌飼(えがい)の道具である四角形の「鵜籠」は、長良川鵜飼には見られない小瀬鵜飼独自のものである

とのこと。泊り鵜飼で使用する炊事用具一式のせんじ用具、昭和40年頃まで川原で食事をした

食事用具、鵜を運ぶための鵜籠など使いやすさを追求した用具ばかりである。

【餌飼(えがい)】10月15日に鵜飼が終わり、翌年5月11日までは休漁となる。昭和40年代まではこの休漁期間に鵜を川や池などに連れて行き、手縄を付けずに放し、自由に魚を食べさせていた。これを餌飼(えがい)と言う。餌飼には陸路で餌飼場へ向かう陸餌飼(おかえがい)と鵜舟にせんじ用具など積み込み、鵜と泊まり込みで遠方の河川まで出かける<泊り鵜飼>がある。小瀬鵜飼の場合、陸餌飼は津保川や武儀川へ出かけ、泊り鵜飼は11月下旬から翌年1月末頃まで板取川や郡上方面へ行く「上まわり餌飼」、2月初めから3月上旬まで長良川を下り、木曽川などへ行く「下まわり餌飼」が行われていた。(特別展説明より)

鵜匠家の屋号

特別展ポスター

ヒロオケとヤカン(鵜匠が昭和40年頃まで川原で食事をした時に使用)

小瀬鵜飼独自の四角形の鵜籠

手縄・たなわ(鵜を操る縄)

2つ差し・鵜籠(鵜を運ぶための籠)

輸送用鵜籠(日立市十王町から送られてくる海鵜を入れていた)

ロッペ(餌飼の時、鵜のエサとなる捕れた魚を入れておく箱)

せんじ用具(泊り鵜飼で使用の炊事用具一式)

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年7月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031