手こね寿司

<1月17日投稿>

今日は志摩地方に伝わる郷土料理「手こね寿司」を紹介します。

写真の「手こね寿司」は私が夕飯の作ったものです。

通常はカツオやマグロを使いますが、赤みの魚は色落ちが早いので、今回は<ワラサ>だったかな? ハマチ系の魚で作りました。

伊勢志摩にお越しの際には、おいしいお店を紹介しますのでお楽しみに。

<WEB 伊勢志摩経済新聞より抜粋>
「手こね寿司」は志摩市志摩町和具地方で伝わった郷土寿司で、

うみかぜさんの「手こね寿司」

もともとカツオ釣り船の船上で漁師たちが
まかない飯として食べていたのが始まりと伝えられている。
言い伝えでは、
忙しく慌ただしい漁の合い間に、
漁師が船上で少しでも早く食事をとれるように、
釣ったカツオを刺身にし醤油につけ込んで食べていた。
それでも勝気な志摩の漁師は面倒になり
ご飯の中へ混ぜて、手でこねたものが起源とされている。
※<寒ワラサ>
ブリになる前の若魚が「ワラサ」。
ブリは成長ごとに呼び名が変わる出世魚。
関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ
関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと呼ばれ、3~6㎏をワラサ(メジロ)と言う。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031