海風詩集№1

くちなし

どんより

けむり出した雨雲の下に咲く

甘いかほりの

白い花 それは

「わがままな君みたいだね?」

雨が来そうな空を見つめて

泣き出しそうな 僕に

愛情をくれないくせに

眩暈のするよな

存在の仕方で

自分を 放っている・・・・・

その かほりと

無垢な色

むせかえるような

かほりの中で

また 僕は

やがて来る 暑い夏に

自分の置き場所を 見失う・・・・・・

そして願う

君が みじめに

枯れてくれれば いいのにと

2007年10月21日発行(海風詩集 第3章より)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2019年2月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728