金山町観光協会

8月5日(金)~10日(水)の間

大学生による地域活性化インターンシップが実施され、サポートに入った。

このインターンシップは下呂市の活性化と学生の就業力育成を目的に、

㈱リクルートライフスタイルと㈱リクルートキャリアが企画運営しているもので、

昨年に続き2回目だ。

大学生が地域住民と対話をしながら地域を巡り、「若者にとって魅力ある企画づくり」を行うものだ。

昨年は東海地区から学生が集まったが、今年は首都圏、信州、名古屋、大阪など全国から学生25人が参加した。

学生は5人1組で飛騨小坂、萩原、馬瀬、下呂、金山へ入り、地域住民と交流、人間関係を得ながら、旅行プランを練り上げた。

学生は各地区を巡った後、滞在先とした水明館において連日、深夜を過ぎ、朝方4~5時まで激論を交わしプランを練り込んだようだ。

金山は「復活!幾里茶」<コスプレで歩こう!レトロな町金山>

が出来上がり、10日は発表会が開催された。

 

 

長尾屋敷分家

長尾屋敷分家

長尾屋敷跡地の石垣と幾里茶

長尾屋敷跡地の石垣と幾里茶

 

 

 

 

 

 

弓掛の「飛騨金山の森」流しそうめんがオープンした。

飛騨金山の森、日下部ケイスケ代表とは昨秋、金沢へ流しそうめん営業の

視察に行った。今夏、実現させたわけである。

飛騨金山の森にこそ流しそうめんは良く似合うと思う。

この日は親子がちびっ子魚釣り大会で釣り上げたマスの腹出しサービスを受けて、炭火で焼いて食べていた。そうめんに川魚焼きはよく合う。

流しそうめんつゆセット

流しそうめんつゆセット

流しそうめん

流しそうめん

「飛騨金山の森」の流しそうめん

「飛騨金山の森」の流しそうめん

釣り上げたマスを焼く

釣り上げたマスを焼く

焼けたマスをいただく

焼けたマスをいただく

流しそうめんの厨房

流しそうめんの厨房

飛騨金山の森 流しそうめん

飛騨金山の森 流しそうめん

7月31日(日)

朝8時から金山町の弓掛川において「飛騨金山の森」主催による

ちびっこ魚釣り大会が開催され出かけた。

「清流弓掛川の水は街中の川水より冷たい。弓掛川に放されたマスはとても美味しい」と表彰式で私は挨拶をした。

親子で清流に戯れる姿がずっと続くことを願う。

親子で弓掛川

親子で弓掛川

清流弓掛川

清流弓掛川

弓掛川

弓掛川

兄弟で釣り上げました!

兄弟で釣り上げました!

釣れたマス

釣れたマス

ちびっ子魚釣り大会

ちびっ子魚釣り大会

清流弓掛川

清流弓掛川

飛騨金山の森「ちびっこ魚釣り大会」

飛騨金山の森「ちびっこ魚釣り大会」

5月6日(金)、金山町観光協会主催の「滝開き」が、11:00~12:00で行われた。

午前中の天気は曇り空ながら風がなかった。

飛騨金山を代表する景勝地<横谷峡 四つの滝>鶏鳴滝において

神官中島一さんを迎え、関係者が滝開き、安全祈願を捧げた。

四つの滝

5月 四つの滝

四つの滝

5月 四つの滝

四つの滝

5月 四つの滝

四つの滝

5月 四つの滝

四つの滝

5月 四つの滝

 

食事会(かれん)

食事会(かれん)

放流アマゴの準備

放流アマゴの準備

滝開きお供え

滝開きお供え

 

 

 

 

 

 

2月21日(日)、風は冷たいものの朝から晴れ。

昨日20日(土)、東海テレビ夕方6:30~「ぐっさん家」では

<飛騨金山 筋骨めぐり旅>をテーマに放映されたため、

金山町観光協会事務所では岡戸さん1人がハアハア言いながら、

電話応対に汗をかいていた。

観光協会事務局はこの取材をほとんどの理事に知らせず、

放映宣伝もまったく発信していない。

今日もクラブツーリズム関西のJR版が開催された。

手荷物は私が1人で担当。人数も当初25人から急きょ、35人へ増えた。

手荷物カート利用は16カート。

今日は10時~14:00まで通しで現場にいた。

やはり昨日の<ぐっさん家>の反響で、筋骨めぐりをする人がかなりいた。

それにテレビでは餅倖さんの黒豆大福をとても旨そうに食べたので、

何人かから「モチコウさんはどこですか」と聞かれた。

人気番組の影響は大きい。

飛騨金山駅で特急列車を待つクラブツーリズム客

飛騨金山駅で特急列車を待つクラブツーリズム客

手荷物預かり場を出るお客さん

手荷物預かり場を出るお客さん

これから筋骨巡りへ出発

これから筋骨巡りへ出発

筋骨めぐり杖(亀山武男さん作)

筋骨めぐり杖(亀山武男さん作)

 

2月19日(金)は

グリーンツーリズム関西のJR客を迎え入れた。

人数は40人強で、前日は下呂温泉泊りの人が多い、

陽射しの暖かさが漂い、歩くにはちょうど良い。

今回のグリーンツーリズム関西客は若いグループが目立ち、

手荷物も多い。

「下呂に来て、初めてブラリ歩けることができる」と何人かがつぶやく。

マツオカ手荷物置き場には近所の人が見学に訪れ、

いろんな提案をされて行かれるようになってきた。

若者グループは手荷物を1つに一杯まとめる

若者グループは手荷物を1カゴに一杯まとめる

金山駅前通り

金山駅前通り

クラブツーリズム関西JRの お客さん

クラブツーリズム関西JRの
お客さん

クラブツーリズム関西JRのお客さん

クラブツーリズム関西JRのお客さん

クラブツーリズム関西JRのグループ

クラブツーリズム関西JRのグループ

2月18日(木)、

第16回岩屋ダム水源地域ビジョン推進協議会が14:00~

金山町下原公民館にて開催された。

同協議会は岩屋ダムを核に関係機関が連携・協力し、

如何に水源地域づくりを目指すかを追究する組織である。

委員に南ひだ森林組合、金山巨石群周辺調査委員会、馬瀬商工会、

金山町商工会、金山町観光協会、弓掛観光開発、馬瀬川上流漁協、

馬瀬川下流漁協、中部電力㈱大船渡ダム管理所、

水資源機構岩屋ダム管理所、馬瀬地方自然公園づくり委員会が揃う。

自治体では下呂市副市長(中島薫氏)、各部(経営管理部・観光商工部・金山振興事務所、馬瀬振興事務所、事務局(経営管理部地域振興課)が組まれる。

協議会会長金山町観光協会会長(長尾伴文)、副会長が南飛騨馬瀬川観光協会会長(加藤久人)となっており、私と加藤さん、及び事務局とで司会進行を務めた。

今日の次第は

●各機関の平成27年度実績報告、●ボート事業(岩屋ダムカヤック)、

●ダム湖周辺景観整備事業、●下呂市のカワウ対策の取り組みについて、

●ダム利用による地域振興事例について、が挙げられた。

第16回 岩屋ダム水源地域ビジョン推進協議会

第16回
岩屋ダム水源地域ビジョン推進協議会

第16回 岩屋ダム水源地域ビジョン推進協議会

第16回
岩屋ダム水源地域ビジョン推進協議会

2月15日(月)、

昨日の嵐風から今朝からは晴れ間が広がり、益田川が青く美しく流れている。

午前9時から金山町街中の「よってこ家」にて金山町観光協会三役、委員長にて

理事会打合せ。

13:30からは下呂市ふれあいセンターにて

平成27年度下呂市観光計画報告会が開催された。

同報告会は

○開会あいさつ(下呂市長 野村誠氏)

○第2期下呂市観光計画の概要について(下呂市観光課長 田代浩弐氏)

○日本版DMOについて(下呂温泉観光協会会長 滝康洋氏)

○全国高校生 観光プランコンテストの報告について(益田清風高校 総合学科)

○学生を活用した地域活性化・旅行商品開発事業(じゃらんリサーチセンター 川波祐吉氏)

○閉会のあいさつ(下呂市観光商工部長 今井藤夫氏)の内容。

益田清風高校総合学科の生徒が観光プランコンテスト

準グランプリ作品を発表した。メンバー大半が3年生で、もうすぐ大学生活や就職のため下呂を離れる。今年度、最後の発表となった。

じゃらんリサーチセンター川波祐吉氏

じゃらんリサーチセンター川波祐吉氏

滝康洋会長と益田清風高校生

滝康洋会長と益田清風高校生

益田清風高校生による観光プラン発表

益田清風高校生による観光プラン発表

下呂市長と益田清風高校生

下呂市長と益田清風高校生

益田清風高校日比野教員

益田清風高校日比野教員

 

 

国の重点「道の駅整備」の一環で、<飛騨金山ぬく森の温泉>

電気自動車(EV)用急速充電器(1台)が設置された。

2月13日(土)、昼過ぎに側を通ると一台が充電中だった。

充電器1台(600万円)など設置総費用約1000万円は国からの全額補助。

下呂市内では下呂温泉合掌村に続いて2台目だが、

非常用電源に使える機種は初めてとのこと。

EV充電24時間利用、料金は1分18円、一般EV車は充電時間約30分。

EVユーザー観光客は充電設置ポイントを調べて旅行を組み立てるようで、

下呂市行政とともに道の駅周辺が重点エリアであることを意識していきたい。

EV充電中の車

EV充電中の車

EV充電中の車

EV充電中の車

EV用急速充電器

EV用急速充電器

EV用急速充電器

EV用急速充電器

道の温泉駅「かれん」

道の温泉駅「かれん」

2月13日(土)、

馬瀬川下流漁協の河尻光太郎組合長、長尾信行副組合長、私とで

道の温泉駅「かれん」下の馬瀬川沿い遊歩道を歩きながら、

中田橋下の川の流れと水面環境を見ながら

(仮称)黄金姫ヤナ(飛騨金山ヤナ)設営の可能性調査を行い、

さらにかれん下への遊歩道間隔を測定しながら火振り漁屋形舟遊覧の適地水面を探った。

伝統漁法と馬瀬川金山鮎の味を活かした魚食文化を追求したい。

馬瀬川下流かれん下

馬瀬川下流かれん下

黄金姫ヤナ設営予定地(中田橋下)

黄金姫ヤナ設営予定地(中田橋下)

黄金姫ヤナ設営予定地への馬瀬川遊歩道

黄金姫ヤナ設営予定地への馬瀬川遊歩道

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年6月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930