下呂の朝ごはんin殿町市場

8月6日(土)第3回 下呂の朝ごはんin殿町市場

が開催された。この日は長良川岐阜花火(岐阜新聞)の日。

リオオリンピック開会式(日本時間午前8:00~)でもある。

予想通り朝から陽射しは強く、汗がジワリ出るなか、

朝の語らいを楽しんだ。

メニューは以下のとおり。

<朝ごはんメニュー>

○龍の瞳土鍋炊きごはん

○こんにゃくそうめん さしみこんにゃく

○ノンアルコール甘酒(米と麹だけの甘酒 奥飛騨酒造

○夢農園ニンニクゆで卵

○鈴木やよいスペシャル

○大吟醸酒の粕(奥飛騨酒造)

(☆塩麹漬け豚バラブロックの紹興酒煮 ☆レンコン豆腐野菜あんかけ)

 ※下呂の夏野菜詰め合わせ

にんにく卵

にんにく卵

殿町市場

殿町市場

下呂の朝ごはん

下呂の朝ごはん

鈴木スペシャル

鈴木スペシャル

飛騨金山の夏野菜山盛り

飛騨金山の夏野菜山盛り

 

 

 

「下呂の朝ごはんin殿町市場」とは。

1級建築士の酒井稔氏が地域文化まちづくり活動の一環として
予約制の「殿町市場」「殿町カフェ」を設けている。

市場・カフェは空き店舗を改装し客席10席と小さいが、

岐阜の草の根的な情報発信基地として多彩な人が集っているほか、

地域住民の憩いの場ともなっている。

2016年4月2日(土)からこの殿町市場・カフェにおいて、
下呂の食材を活かした朝ごはん市場スタートする。

3月17日(木)は10:00~13:00の時間、

実験として飛騨萩原で発見された奇跡の米「龍の瞳」をテーマに、

岐阜の魚屋「魚ぎ」さんの協力を得て、朝ごはん市場が開催され、

突然の開催を聞きつけた人が多く集まった。

「龍の瞳」は土鍋で炊かれ卵かけご飯として提供されたが、

「魚ぎ」さんが提供されたウニ醤油をかけて食べたところ、その味が絶賛された。

さらに「魚ぎ」さんの手作りの稚アユ山椒煮はまぐり煮付けが添えられ、

<これぞ日本の朝ごはん>となった。

また、酒井稔氏からは大鍋で煮込んだ「鹿鍋汁」が提供された。

同時にこの日は岐阜市日置江の名店、「丸福寿司」も定例出店し、

カツオタタキ、ホタルイカ、サラダ巻き、毛ガニが常連客に売られた。

※酒井稔氏は鶏ちゃん合衆国創立メンバーの1人で、

「殿町市場」は鶏ちゃん合衆国誕生店として「ホワイトハウス」としても

機能している。

「殿町朝ごはん市場」:岐阜市殿町1-21

殿町朝ごはん市場

殿町朝ごはん市場

殿町朝ごはん市場の メニュー

これぞ朝ごはん!
龍の瞳ウニ醤油卵かけご飯、稚鮎山椒、はまぐり煮付け、鹿鍋汁

 

「魚ぎ」さんの 稚鮎山椒

「魚ぎ」さんの
稚鮎山椒

土鍋で炊かれた「龍の瞳」

土鍋で炊かれた「龍の瞳」

龍の瞳販売コーナー 龍の瞳生米、龍の瞳玄米レトルト

龍の瞳販売コーナー
龍の瞳生米、龍の瞳玄米レトルト

絶賛! 龍の瞳 ウニ醤油で卵かけごはん

絶賛!
龍の瞳 ウニ醤油で卵かけごはん

看板メニュー

看板メニュー

丸福寿司の豪華な料理)(毛ガニ、カツオタタキ、サラダ巻き等)

丸福寿司の豪華な料理(毛ガニ、カツオタタキ、サラダ巻き等)

 

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年7月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31