馬瀬創生

2月11日(木・祝)、

飛騨小坂商工会事務局長小林浩二氏の母親葬儀出席の後、

馬瀬に入った。

水辺の館周りの地面は雪が被り、馬瀬川の流れは国府町の荒城川より

冷たさが伝わる。

バーベーキュー棟では改装工事が進む。

その後、さんまぜ工房にてスタッフのおばちゃん達と商品開発の打合せ。

地味噌(麦みそ)とうがらしみそ地たまりの新物が出始めた!

無添加、無着色の手作りで、高級料亭、高級ホテルの調理人が使用している。

トマト入りの鶏ちゃん丼も味わい深い。

よもぎパンが春の訪れを感じさせる。

さんまぜ工房の地たまり

さんまぜ工房の「地たまり」

さんまぜ工房の地味噌

さんまぜ工房の「地味噌」

さんまぜ工房の「とうがらしみそ」

さんまぜ工房の「とうがらしみそ」

トマト入り鶏ちゃん丼

トマト入り鶏ちゃん丼

焼きたてパンあります

焼きたてパンあります

さんまぜ工房のよもぎパン

さんまぜ工房のよもぎパン

よもぎパンの餡

よもぎパンの餡

さんまぜ工房のよもぎパン

さんまぜ工房のよもぎパン

水辺の館バーベキュー棟

雪景色の水辺の館バーベキュー棟

 

1月25日(月)、馬瀬の雪の積りは下呂の中でも多い。

馬瀬中央公民館(青年室)で開催された

「馬瀬地域DMC・美輝の里再生・馬瀬さとやま株式会社に関する会議」

<岐阜の川人文化研究会>代表の立場から出席。

会議では国土交通省主催の

<“水のめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト2015>において

下呂市観光商工部観光課が提出した

「日本で最も美しい村を巡る水の旅~(馬瀬川流域で美しい村・おいしい村を体験しよう~」最優秀賞を受賞したことが報告された。

この水の旅に登場するのは馬瀬川の鮎、ひぶり漁、岩屋ダムカヤック、筋骨巡りである。

 

馬瀬村役場(馬瀬振興事務所)

馬瀬村役場(馬瀬振興事務所)

馬瀬中央公民館の積雪

馬瀬中央公民館の積雪

 

地域社会の創造活性化プランナー

長 尾 伴 文

<ましたオフィス>

〒509-2623

岐阜県下呂市金山町菅田桐洞130

E-mail nagao@maiyama.com

お問い合わせ、ご連絡はこちらからお願いいたします

携帯090-8736-7318

FAX 0576-33-2038

2017年3月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031